R&D活動

印刷をする
1984年 日本カーリット 中央研究所竣工
有機導電材料「TCNQ錯体」販売開始
1991年 サンバリヤーフィルム(UVカットフィルム)の製造・販売の開始
1992年 中央研究所と本社開発部が合体し、研究開発センターに改組
PC(ポリピロールコンデンサ)プロジェクトスタート
1994年 イオン導電性付与剤「PEL」製造設備を新設
1995年 近赤外吸収色素「CIR」発売開始
1998年 高分子固体系電解コンデンサー「PC-CON」発売開始
2000年 精製ピロールと電解重合液製造設備を新設
2004年 研究開発センターからR&Dセンターに改称
R&Dセンターにスピロ系電解液試験生産設備新設
2006年 宇宙航空研究開発機構から熱圏風測定のリチウム放出装置「LES」の製作を受注
2007年 CIR・ITO複合フィルム作成、販売開始
2008年 電気二重層キャパシタ用電解液製造設備を新設
2013年 日本カーリット株式会社の株式移転に伴い、持株会社に研究機関を移転
カーリットホールディングス株式会社R&Dセンターに改組
2015年 開発企画室を新設し、現在の体制となる