コンプライアンス

印刷をする

基本方針

グループ社員一人ひとりがコンプライアンスを徹底し、高い倫理観をもって日々の業務に毅然として取り組むことを通じ、信頼される企業グループとして発展し続けることを目指します。

カーリットグループのコンプライアンスへの取り組み

当社経営トップは、企業倫理・法令の遵守(コンプライアンス)を最重要経営課題の一つ、すなわちCSR経営推進の中核として位置づけています。
経営理念「信頼と限りなき挑戦」のもと、コンプライアンスを着実にグループ内に浸透させるために、さまざまな取り組みを行っています。

  • ・コンプライアンス委員会等における法令等遵守状況の実態把握および重要事案の審議
  • ・「グループ・コンプライアンス憲章」をはじめとする規程・規則・マニュアル等の制定および改定
  • ・コンプライアンス研修等によるグループ啓発活動の推進
  • ・グループ内部通報制度の利用促進

1. コンプライアンス経営に対する考え方

当社グループは、以下の考え方に基づきコンプライアンスを徹底しています。

  • ・お客様・お取引先様他との高い信頼関係の構築観点から、コンプライアンスの徹底に全力で取り組むこと。
  • ・リスクに十分備えない「甘さ」は捨て去り、リスクに対する感度を高めること。
  • ・「過去から行っている」「自分が若い頃は…」といった「かつての常識」は改めること。
  • ・不正行為の兆候を見過したり、軽く扱ったりという態度は改めること。
  • ・法令違反、不正行為、ハラスメントは決して許されず、カーリットグループとして厳正に対処する。

2. コンプライアンス推進体制

1.コンプライアンス委員会、コンプライアンス推進会議

「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンスに関する重要事案の審議およびコンプライアンス強化に向けた施策を検討・推進しています。また、「コンプライアンス推進会議」において、グループ各社のコンプライアンス遵守状況の実態把握及び情報共有を行っています。

2.コンプライアンス相談窓口、内部通報窓口

従業員がコンプライアンスに関して相談、報告する窓口として各社各部門にコンプライアンス推進責任者を任命しています。リスクの早期発見・早期是正のため、グループの内部通報窓口を設置しています。

コンプライアンス推進体制図

3. コンプライアンス推進に係る取り組み

1. 独占禁止法・外国競争法遵守に向けた取り組み強化

グループ各社が公正かつ自由な競争を阻害する不公正な取引に関与することがないよう、「グループ独占禁止法遵守規程」を制定し、グループ内への徹底を図っています。

2. 腐敗行為(贈収賄等)防止の徹底

グローバルな贈収賄防止体制の強化を目指し、「グループ腐敗防止規程」を制定し、公正な企業活動を実践しています。

3. 人権尊重・ハラスメントに関する社内啓発

国籍・年齢・性別(LGBT:性的少数者を含む)等に基づく差別・嫌がらせの禁止を周知するとともに、人権に対する理解の徹底を図っています。

4. 反社会的勢力に対する対決姿勢

カーリットグループは反社会的勢力に対し、毅然とした態度で臨みます。

5. 情報セキュリティに対する取組推進

情報資産の保護を通じて企業価値の維持・向上を図るため、グループ全役職員が情報の適切な取り扱いや管理・保護を行うことを義務づけています。