トップコミットメント

印刷をする

代表取締役社長

廣橋 賢一

常に変化し、挑戦し続ける。
次の100年に向けた“礎づくり”に着手。

当社グループの起源は1918年、後に明治のセメント王と呼ばれた浅野総一郎がスウェーデンからカーリット爆薬の製造技術を導入したことに遡ります。当時の日本は政府の主導のもと近代国家への歩みを大きく進めており、道路整備やダムの建設などにおいてセメントの需要が高まってきている時代でした。「国を豊かにするためにセメントは必ず必要になる。」浅野総一郎は、国の未来を案じた末に、セメント事業に着手しました。カーリット爆薬のような産業用爆薬は、セメントの原料となる石灰石の砕石用として使われ、セメントの大量供給に大きな役割を果たし、日本が近代国家としての礎を築く一助となりました。
以来、当社グループでは、爆薬の製造技術を基に、時代の変遷につれて様々な事業分野へ進出してまいりました。紙の需要が高まるにつれ、パルプの漂白剤として使われる塩素酸ナトリウムを供給し、また自動車が普及するにつれて搭乗者の安全を守る自動車用緊急保安炎筒の販売を開始。パソコン・スマートフォンが人々の日常に欠かせない現代においては、電子材料部品の製造や二次電池の性能試験への進出するなど、時代の移り変わりとともに、浅野総一郎の信念である国の発展を見据えたモノづくりを創業以来続けてまいりました。
近年、我々を取り巻く環境は大きく変化しました。世界的な金融危機などもさることながら、日本においても不正会計や食品の異物混入、個人情報の漏えいなどの様々な企業不祥事が取りざたされるなか、企業のコーポレートガバナンスのあり方に注目が集まっています。また、グローバルに事業を展開していくなかで、ダイバーシティや人権など、企業の「人」に対する姿勢も問われています。東日本大震災に代表されるような自然災害にどう対応するかも重要なテーマの一つであり、従業員の安全はもとより、いかに事業者としての供給責任を果たすかが課題となっています。
企業を取り巻く多種多様な課題に応えるために、当社グループでは、グループ全体でCSR経営を推進しております。CSR経営において、当社グループは「モノづくりを通じたCSR」を軸に、「環境保全」、「安全対策」、「品質保証」、「リスクマネジメント」、「情報開示」、「人権・人材・職場環境」、「地域貢献」の8つの基本方針を掲げております今後のCSR経営においては、我々を取り巻く環境の変化に対応し、また広く社会の課題を解決するべく、グループ一丸となって活動に取り組んでまいります。
当社グループは、ステークホルダーの皆さまとの対話を重視しながら、今後のCSR活動に活かして参ります。ステークホルダーの皆さま方に置かれましては、当社グループのCSR活動についてご忌憚なきご意見・ご感想を賜りたく、今後とも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。