CSR推進体制

印刷をする

CSR活動推進にあたりグループCSR基本方針を策定しております。同方針のもと、ステークホルダーの皆さまとの対話を重視しながら、CSR活動に取り組んでいます。

グループCSR基本方針

当社グループは下記の8つの基本方針に基づき、CSR活動を推進してまいります。

  基本方針 活動指針
モノづくりを通じたCSR 企業市民として、モノづくりを通じて社会的課題の解決に積極的に取組み、人々の豊かな生活に貢献していきます。
  • ・人々の生活を豊かにする製品の研究開発に取り組み、製品化を目指します。
  • ・日本の産業発展に寄与するために、産業用部材の製造・販売に努めます。
  • ・環境配慮製品および人々の安全に貢献するモノづくりを行います。
環境保全 自然環境を尊重し、環境負荷の少ないモノづくりを目指し、地球環境の保全と維持に配慮した事業活動を継続的に行います。
  • ・すべての企業活動において環境負荷を低減するために省資源・省エネルギー・廃棄物削減・環境リスク低減対策等のパフォーマンスを推進します。
  • ・環境関連法規制および当社グループが同意するその他の要求事項を遵守します。
  • ・環境目的・目標を明確にして、活動状況に応じて定期的に見なおしをおこないます。
  • ・責任の所在を明確にするため最適な環境管理体制を確立し、維持します。
安全対策 無事故、無災害を目指し、従業員と地域社会の安全を確保します。また、工程、物質においてリスクを洗出し、従業員、物流関係者、お客様等関係する人々の安全を図ります。
  • ・リスクアセスメント・作業前の危険予知で、職場や作業に潜むリスクを洗出し、安全対策・漏洩対策を行います。
  • ・防災訓練を通じて、防災意識を高めます。
品質保証 お客様の信頼と満足を得られるよう、積極的な品質向上活動に従事します。
  • ・当社グループが提供する製品品質を高めることで、お客様の信頼と満足を得られるよう、従業員の品質に対する意識を向上させます。
  • ・お客様が満足する品質を実現するために、PDCAサイクルの中で有効性を評価し、継続的に改善します。
  • ・品質目標を定め進捗確認を実施します。
ガバナンス・コンプライアンス 社会・お客さま・お取引先から信頼される企業であるために適切なコーポレートガバナンス体制を整備するとともに、経営トップ主導のもと、全社員の企業倫理・法令等の遵守に努めます。
  • ・グループ全体のコーポレートガバナンス体制、内部統制システム、コンプライアンス推進体制を確立・維持します。
  • ・グループ全体のBCPを確立し、災害等の非常時に被害を最小限に食い止める体制を整えます。
人権・人財・職場環境 人材を「人財」と捉え、従業員の人権や多様性を尊重し、成長を促すための体制作りを行うとともに、働きやすく快適な職場環境を整備します。
  • ・採用活動を積極的に行います。
  • ・社員研修を充実させます。
  • ・女性従業員の活躍の推進を図り、管理職等への登用を図ります。
  • ・障がい者雇用率の達成に向けて取り組んでいきます。
  • ・「心の病」を未然に防ぐため、メンタルヘルスケアに取り組みます。
  • ・ハラスメント防止のための社内体制を整備・運用します。
  • ・労使協議会等を通じて、従業員との対話を図ります。
情報開示 お客様、株主、従業員など、あらゆるステークホルダーに対し、適時、正確かつ公正なグループの企業情報を提供します。
  • ・適切な開示、タイムリーな情報開示を心がけます。
  • ・ホームページにおいて、企業情報、事業概要、IR情報、CSR情報の充実を図ります。
  • ・IR活動を通して株主・投資家との積極的なコミュニケーションを図ります。
  • ・従業員のインサイダー取引防止に努めます。
  • ・会社案内、CSR報告書の内容を充実させます。
地域貢献 地域社会の一員として、地域に密着した社会貢献を行います。
  • ・工場見学を積極的に実施し、「開かれた工場」を目指します。
  • ・清掃活動に参加し、地域の美化に貢献します。
  • ・寄付等を通じて、地域に必要なモノ・サービスを提供します。

単年度の目標・実績や注力テーマについてはCSRレポートをご参照ください。