グループ理念

印刷をする

『信頼と限りなき挑戦』

 2018年に創業100年を迎えるにあたり、創業者である浅野総一郎の理念を現代の存在意義と将来に向けた夢のある発展に照らし併せ、新たなグループ経営理念を作り上げました。

 創業100年という節目を迎え、当社グループは次の100年も社会と人々に貢献することが使命だと考えています。そのためには、「継続ある事業基盤の確立」と「不朽なる技術の進展」は不可欠であります。今後も、お客様からの信頼確保を第一に、研究開発体制の整備、M&Aや海外進出を含む新規事業への積極的な展開を図りながら新商品の開発と新規事業の開拓を行なってまいります。

 今後は200年企業を目指し、飽くなき挑戦の意欲のもと、社員一同、世界に信頼される「カーリットグループ」となるように邁進します。

ロゴマークについて

 ホールディングス化を期に、グループ全体が100年先、200年先まで繁栄を続けてゆくことの決意の表明として、カーリットの「C」とホールディングスの「H」で、無限大(∞)を表現しました。バランスの良いデザインにグループ間の調和というイメージを託し、また躍動感のある右肩あがりのフォルムから挑戦し続ける意志をイメージさせます。○と∞の組み合わせは、腕組みをしながら考える人も意味しており、創業以来、独自の発想でものづくりをしてきた企業のアイデンティティを大切にしながら、さらなる発展を目指すことを表現しています。