対処すべき課題

印刷をする

平成27年度の日本経済は、個人消費の伸び悩みなどの懸念はあるものの、円安傾向や原油価格の下落などの影響により国内外の需要が持ち直し、景気は緩やかな回復が続くとみられています。

このような環境の中、当社グループは平成27年度(2015年度)を初年度とする新中期経営計画「礎100」をスタートいたしました。「礎100」では、平成30年度(2018年度)に迎える創業100周年に向けて、さらに当社グループが永続的に発展するための礎作りを行ってまいります。

<新中期経営計画「礎100」の概要>

経営方針

  • グループ企業理念 =「信頼と限りなき挑戦」
  • グループ中長期目標(目指す姿)=「2024年度までに売上高1000億円企業となる」

『礎100』~次の100年企業となるための礎作り~ のテーマ

  • 2018年の創業100周年を迎え、更に次の100年企業の礎となる事業基盤の確立
  • グループ中長期目標(売上高1000億円)到達への道のりを確固たるものにする

基本戦略

  • 成長基盤強化
  • 収益基盤強化
  • グループ経営基盤強化

数値目標(2018年度)

  • 売上高    = 650億円
  • 営業利益   =  35億円
  • 営業利益率  =  5 %
  • 設備投資計画 = 200億円(4年間合計)