対処すべき課題

印刷をする

以下の記載事項のうち将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

(1)会社の経営方針

《経営理念》信頼と限りなき挑戦

創業100周年という節目を迎え、当社グループは次の100年も社会と人々に貢献することが使命だと考えております。そのためには、「継続ある事業基盤の確立」と「不朽なる技術の進展」は不可欠であります。今後も、お客様からの信頼確保を第一に、研究開発体制の整備、M&Aや海外進出を含む新規事業への積極的な展開を図りながら新製品の開発と新規事業の開拓を行ってまいります。

今後は200年企業を目指し、飽くなき挑戦への意欲のもと、社員一同、世界に信頼される「カーリットグループ」となるよう邁進いたします。

(2)経営環境及び対処すべき課題等

当社グループは平成27年度(2015年度)を初年度とする4ヵ年の中期経営計画「礎100」を遂行しております。「礎100」では、平成30年度(2018年度)に迎える創業100周年に向けて、さらに当社グループが永続的に発展するための礎作りを行ってまいります。

<中期経営計画「礎100」の概要>

1.『礎100』~次の100年企業となるための礎作り~ のテーマ

  • (1)2018年の創業100周年を迎え、さらに次の100年企業の礎となる事業基盤の確立
  • (2)グループ中長期目標(売上高1000億円)到達への道のりを確固たるものにする

2.基本戦略

  • (1)成長基盤強化
  • (2)収益基盤強化
  • (3)グループ経営基盤強化

3.数値目標(2018年度)

  • 売上高   = 540億円
  • 営業利益  = 24億円
  • 営業利益率 = 4%