社長メッセージ

印刷をする

信頼と限りなき挑戦 代表取締役社長 廣橋賢一

これまでの100年、これからの100年

人類は今、環境問題、食料問題、資源・エネルギー問題といった諸課題に直面しています。私たちが人々の暮らしを豊かで快適にする製品やその素材を提供し続けることがこれらの諸課題を解決することになると信じています。

カーリットグループは、創業者浅野総一郎による「カーリット」爆薬の技術導入に始まりロケット燃料や発炎筒など、日本の産業を長きにわたり支えてまいりました。そして2018年には創業100周年を迎えます。
今、私たちは次の100年を見据えて、「宇宙」「環境・エネルギー」「ライフサイエンス」といった今まで以上に幅広い分野の研究開発に力をいれ、新しい価値を創造し成長し続ける企業グループを目指しています。

創業の精神と現代の精神

当社グループの経営理念である「信頼と限りなき挑戦」は、創業者である浅野総一郎が揮毫した「奮闘努力」を現代風になぞらえたものです。「奮闘努力」が創業の精神であるとすれば「信頼と限りなき挑戦」は現代の精神であると言えます。
浅野総一郎は、京浜工業地帯の生みの親としても知られる実業家ですが、「奮闘努力」には社会に必要なものを起こすという強い思いと、事業は結果的に社会に貢献しなければならないとの強い思いが込められています。何度失敗してもその度に奮起して立ち上がり、「決してあきらめず、力を尽くして闘う」精神こそ「九転十起の男」としての創業者浅野総一郎の精神です。

未来を切り拓くのはみなさんです!

「人財」は企業の最も重要な資源のひとつです。
「あきらめず、やり抜く力」で次世代のカーリットグループを創ってみませんか。将来への成長軌道をどう描くか、真っ白なキャンバスに、思い思いの絵を描いてください。文系・理系を問わずみなさんが活躍できる場がきっとあります。

「あきらめることなく挑戦し続け、次の100年を自らの手で創り出す」
私たちは、そのようなチャレンジ精神に溢れた「人財」を必要としています。
次の100年の主役は、みなさんたちです。