未知への挑戦者たち

印刷をする
生産本部 群馬工場 技術グループ
カーリットを選んだ理由 今後の目標
現在の仕事 学生のみなさんへ
仕事上での苦労、やりがいについて ある1日のスケジュール

1.カーリットを選んだ理由

地元に近い関東圏内であり、大学で培った知識を少しでも活かせる化学メーカーに絞って就職活動を行っていました。また、部下から上司、つまり川下からの意見を聞いてもらえるか、風通しが良く活発な議論を行うことができるか、といった社風を重視していました。開発職希望であったため、誰もやったことがないことにも挑んでいきたいと考えており、チャレンジ性が活かせる環境であるかを判断したかったからです。採用試験を通して、面接官の社員とのやりとりや実際の仕事の話を聞いていく中で、カーリットが私の希望に最もフィットした会社であると思えたため入社を決めました。

2.現在の仕事

コンデンサを作るための材料開発を行っています。コンデンサと聞いて分かる人は少ないかと思いますが、コンデンサは電化製品や自動車等、私たちの非常に身近なものに使われている製品です。仕事の進め方としては、顧客との打合せによって今どのようなものが求められているのかを紐解き、活かしながら、材料開発へと繋げています。折角、開発品ができたとしても、顧客に良い評価をいただけなければ製品にはならず、日の目を見ることはありません。まず始めに、顧客が評価してみたいという気持ちになっていただけるようなプレゼンが必要となります。そのためにも、顧客に寄り添った評価方法の確立といったことが材料開発とともに重要な仕事になります。

3.仕事上での苦労、やりがいについて

開発は研究室レベルで新しい材料を作ったら終わりというわけにはいきません。そこからスケールアップを行い、工場で製造できるよう工程を確立させ、顧客から認定(良い評価)をいただき販売に繋げるといった一連の流れをいかにスムーズに行えるかが重要になってきます。例えば、スケールアップを行えば、研究室レベルでは見えなかった危険があるかもしれません。また、顧客が求める特性を導けず認定に時間がかかるかもしれません。このように大変な面は多々ありますが、一連の流れを最後まで自分が担当できるからこそのやりがいがあります。

4.今後の目標

開発に携わっている者としては、自分が携わっている案件を全て市場へ出すことが目標です。これは、顧客の要求に応えると言い換えても良いかもしれません。現在の仕事は大きな枠ではコンデンサ材料となります。しかし、コンデンサの種類が1つでないのと同じように材料も多岐にわたり、材料ごとに特徴が異なります。そのため開発に必要な知識も多く、未だに力不足を感じる場面があります。目標達成のためにも、まずはしっかりとした土台作りを行い、視野を広げていくことが必要だと考えています。

5.学生のみなさんへ

自分が最も大切にしていることを、譲らないで就職活動をしてください。仕事内容、勤務地域、家庭環境なんでも構いません。やはり、自身の中の1番を譲ってしまうと自分自身がぶれてしまいがちです。この自己分析が、仕事を長続きさせるために必要なことだと思っています。また、当社ではインターンシップも実施しています。興味がある会社でそのような社内のことが分かるイベントがあれば、ぜひ積極的に参加してください。会社選びの良い判断材料になると思います。

6.ある1日のスケジュール

7:30 <出社>
8:00 <始業>当日に必要な機器等の立ち上げ後、ミーティング
9:30 <材料開発のための検討>
12:00 <昼食>
12:40 <材料開発のための検討>
16:45 <定時>
.emplist { }