未知への挑戦者たち

印刷をする
R&Dセンター 環境エネルギー研究所
入社動機、カーリットを選んだ理由 今後の目標
現在の仕事 学生へのメッセージ
嬉しかったエピソード ある1日のスケジュール

1.入社動機、カーリットを選んだ理由

学生時代に学んだ化学の知識を活かした仕事に就きたいと考え、化学メーカーを中心に就職活動をしていました。自分の手で製品を作りたいという思いがあり、身近な物から宇宙関係まで幅広い分野の研究開発を行っていて、かつ若いうちから様々な仕事を任せて貰える環境であるという点に魅力を感じました。面接でもとても丁寧に話を聞いていただき、自分の希望や人となりを十分に見て貰え、マッチングができたと感じたことも決め手でした。

2.現在の仕事

R&Dセンターの中で、発電や蓄電などに関係するエネルギーデバイスの材料や部材の研究開発を行う部署で仕事をしています。基礎的な技術研究から、顧客の要望に合わせた開発まで複数のテーマをもって研究をしており、現在は量産に向けたスケールアップにも取り組んでいます。学生時代には触れることがなかった大きな試験設備での実験は、企業ならではの醍醐味だと思います。実験を進める際は、個人でもテーマは持っていますが、基本的にはチームで動いているので、チームメンバーや上司とコミュニケーションを取りつつ研究に取り組んでいます。

3.嬉しかったエピソード

お客様からのサンプル作製依頼を受け、その試作を担当しました。特殊な仕様であったため、技術やノウハウが足りず初めはお客様の希望を満たすサンプルが作製できなかったのですが、チームメンバーに助言を貰いつつ試行錯誤を繰り返すことでなんとかお客様の希望を満たすサンプルを作製することができ、お客様に納めることができました。求める結果が得られないうちは焦る気持ちもありましたが、実験を重ねるごとに自分の成長と共に求める結果に近づいていくことを感じることができたという点はやりがいを感じました。なにより、自分の作製したサンプルがお客様に高評価を頂き、次の段階へ向けた検討に繋がったという点が嬉しかったです。

4.今後の目標

現在携わっているテーマで製品化することが一番の目標です。入社前から、自分の手で製品を作りたいという思いがあったため、まずは現在の小スケール~パイロットスケールで行っている研究のスケールを上げていき、最終的に工場に移管するところまで携わりたいと考えています。また、まだまだ知識、技術ともに不足している部分が多いので、今後も実験を重ね技術を蓄積し、技術者として周囲の人から頼られる存在になることが目標です。

5.学生へのメッセージ

私が入社してから特に感じていることが、主体的に考え、行動することの大切さです。企業での仕事は、常に変化し新しくなっていきますので、研究だけでなく他の職種においても、自ら考え、行動できるというのは大きな強みになると思います。学生のうちからその点を少しでも意識して行動すると良いのではないかと思います。
また、就職活動の際は、いろんな企業を見てほしいと思います。私自身、就職活動を始めてから知った企業が多く、カーリットもそのうちの一つでした。就職活動は、希望の業種や職種も大切ですが、なにより企業と自分とのマッチングが重要だと思いますので、是非多くの企業を知って、見て、自分に合う企業を見つけて欲しいと思います。

6.ある1日のスケジュール

8:00 始業、ミーティング
8:30 試験開始
12:00 <昼休み>
13:00 試験再開
15:00 試験終了
15:30 試験結果確認
16:00 翌日の試験準備
16:45 <定時>