コーポレートガバナンス(企業統治)

印刷をする

基本方針

社会・お客さま・お取引先から信頼される企業であるために適切なコーポレートガバナンス体制を整備するとともに、経営トップ主導のもと、全社員の企業倫理・法令等の遵守に努めます。

基本的な考え方

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を図り、株主をはじめとする全てのステークホルダーから信頼・評価される経営を目指しております。そのためにコーポレートガバナンスを有効に機能させ、経営の透明性、公正性、効率性を確保しながらガバナンス体制の継続的な強化に取り組んでまいります。

コーポレートガバナンス強化の取り組み

2006年 5月 内部統制システムに関する基本方針策定
2007年 6月 執行役員制度の導入
2012年 6月 役員退職慰労金制度の廃止/社外取締役を初めて選任
2013年10月 単独株式移転により
純粋持株会社「カーリットホールディングス株式会社」設立
2015年11月 役員株式報酬制度(BBT)導入
2017年 6月 コーポレートガバナンスガイドライン策定
2018年12月 ガバナンス委員会設置

コーポレートガバナンス体制

カーリットグループは、「グループ経営」と「業務執行」を分離させる純粋持株会社体制を導入しています。地域社会、ビジネス、パートナーなど全てのステークホルダーと良好な関係を保ち、企業としての社会的責任を果たすため、コーポレートガバナンスの充実に努めています。
内部統制システムが的確に運用されているかを評価するために、内部監査室による内部統制監査を行い、その監査結果は、内部統制システムの継続的改善に役立てられています。

コーポレートガバナンス体制

コーポレートガバナンス・ガイドライン

当社グループの、コーポレートガバナンスに関する具体的な方針を「コーポレートガバナンス・ガイドライン」として定めています。
本ガイドラインを指針として、より良いコーポレートガバナンスを実現することを目指しております。

応募用紙ダウンロード

マネジメント(経営体制)

急激な経営環境の変化に対応して職務を効率的に執行するため、取締役の任期を1年とするとともに、コーポレートガバナンス体制の強化の観点から女性1名を含めた社外取締役を3名選任し執行役員制度を導入しております。また当社は、監査役会設置会社として4名の監査役を任命し、うち2名が社外監査役となっております。
取締役会における意思決定プロセスの一層の透明性・公平性を確保し、ガバナンス体制の強化を図ることを目的として、取締役会の下に独立した諮問機関としてガバナンス委員会を設置しております。

マネジメント(経営体制)