Carlit Holdings
RECRUITING INFORMATION

CHALLENGING VOICE
先輩たちのチャレンジ

仕事風景イメージ
仕事風景イメージ
仕事風景イメージ
仕事風景イメージ
仕事風景イメージ
生産技術職
メインイメージ

生産技術職
技術者として
成長のチャンスがある

生産本部 群馬工場 技術グループ
2017年入社
自然科学研究科 材料生産システム専攻

仕事風景イメージ 仕事風景イメージ 仕事風景イメージ

研究開発に近い製品改良のプロセス

−仕事内容

 私は主に、電極をはじめとする既存製品の改良を行っています。既存製品の改良と聞くと新しいモノではないというイメージを持つ方が多いと思いますが、決してそのようなことはありません。新しい技術や材料を既存製品に組み合わせることが多く、研究開発に近い仕事です。新製品の開発と同じようにラボスケールでの検討から始まり、試験の実施や実機スケールの製造・量産まで幅広い業務に携わっています。実機スケールの製造では、製造グループやR&Dセンターなど他部署とのスムーズな連携も必要不可欠です。大学の研究室との最大の違いは、自分の手がけたものが実際に社会で使われることです。その喜びを強く感じています。

大型製造設備を使って試験製造

−印象に残った仕事

  これまでの仕事で印象に残っているのは、入社2年目に実機の大型製造設備を使って、ライフサイエンス系製品の試験製造を担当したことです。終盤で不具合が確認され追加処理が必要となりましたが、上司や製造グループの協力を得て最終的に無事サンプルを出荷することができました。このような経験ができたことは貴重な財産であり、あらゆることを想定した念入りな事前準備が重要だと改めて気づきました。
 カーリットの魅力は、さまざまな分野に携わることで、技術者として大きく成長できるチャンスがあることです。私も経験を積みながら多面的な考え方を身につけ、幅広い分野の製品開発に応用できる人財になりたいと思っています。

多面的な視点で開発を進める

−働く環境

 上司や先輩社員は、質問や相談があればいつでも親身に話を聞いてくれるため、非常に働きやすい環境だと感じています。また、研究や製造、営業などさまざまな職種を経験されている方が多いのも特徴です。例えば、営業の経験から「売れる製品」を考える、製造の経験から「安全な工程」を考えるなど、多面的な視点で開発が進められており、そこから日々多くのことを学んでいます。私もいつか実際に製造現場に入り、現場の状況や注意すべき作業を体感し、その経験を生かして量産までを見据えた製品開発ができるようになりたいと考えています。多くの新製品を開発し、スムーズに量産まで実現することで、製品のラインナップ拡充に貢献することが目標です。

アイコンCAREER STEP-キャリアステップ

2017年~現在 生産本部 群馬工場 技術グループ
イメージ写真

アイコンONE DAY SCHEDULE-1日のスケジュール

8:00 始業。朝のミーティング
8:30 連続運転試験の状況確認、メンテナンス
9:00 ラボ試験サンプルの作製
12:00 昼休み
13:00 ラボ試験サンプルの作製
15:00 試験サンプルの特性評価
16:00 データ整理
16:30 連続運転試験の状況確認
16:45 定時

学生のみなさんへ

自己分析をして、一生働ける会社を選ぶ

 就職活動は自分自身と向き合う絶好の機会です。私自身、就職活動前の自己分析には多くの時間を費やしました。自分の長所や短所を自覚した上で就職すれば、仕事のやり方次第で短所をも生かすことができるでしょう。また、研究や技術開発を希望する方にぜひ伝えたいのは、学生時代の専門と完全に一致していなくても大丈夫だということです。専門外の多様な分野への挑戦を楽しめる方には、最適な職場です。さらに、挑戦する環境があり、一方で安定した会社に就職したかった私にとって、カーリットが100年企業であることも大きな魅力でした。みなさんも、自分のやりたい仕事、向いている仕事は何なのかをじっくり考え、一生働ける会社に就職してほしいと思います。